初めて装着するコンタクトには、解らないことがいっぱいありますよね。

目のなかにダイレクトに入れるコンタクトレンズは、本当に安全で大丈夫なのか不安になっても不思議ではありません。

でも大丈夫、正しい付け方、外しかたを勉強すれば安心安全に使用できます。

コンタクトレンズの付け方は?

コンタクトレンズを付けるときに、必ず始めに行うことは手をしっかり洗うことです。

指にレンズを乗せて装着するので、雑菌がついたままの状態で触ることは禁物です。

必ず清潔な手・指で装着は行ってください。

1step

ご自身の効き手の人差し指に、コンタクトレンズを乗せます。

凹んでいる面が眼球に直接当たる部分になるので、凹面が内側に来るように指に乗せてください。

2step

ここは少し難しいですが、レンズを指にのせたまま、同じ手の中指を使って下目蓋を開けます(あっかんべをするようなイメージ)。

もう片方の人差し指で、今度は上目蓋を黒目がしっかり見えるくらいまで引き上げます。

3step

レンズをゆっくり目に近づけ、黒目の上にそっと乗せるように装着します。

瞬きや、瞳を左右に動かしたりすると装着がしにくいこで、ここはグッと我慢することがコツです。

角膜はデリケートなため、レンズを押し当てるのではなく、そっと瞳に乗せてください。

4step

黒目の上に乗った事を確認できたら、押さえていた指をゆっくり離します。

急に手を離すと、レンズがずれたり外れてしまう恐れがあります。

目を左右上下に動かし、不快感や見え方などをチェックし違和感がなければ装着完了です。

コンタクトレンズを付ける時に注意する事は?

装着前のレンズチェックは大切

コンタクトレンズを付ける前には、まずレンズ事態の確認を行ってください。

レンズに傷や破れが始めからある場合があります。

もちろん、どんなメーカーやブランドでも、しっかり検品をしてはいますが、それでも防ぐことができず混入していることが極稀にあります。

亀裂があるレンズを着けてしまうと、眼球に傷をつけたり、眼病や失明に繋がる恐れがありますので、必ず装着前のチェックは忘れずに行ってください。

レンズに傷はつけないように

せっかく傷がない状態のレンズてあっても、ご自身の爪や直接レンズに触れることで傷がついてしまうおそれがあります。

装着作業は慎重に行ってください。

左右を間違えないように

度数が両目ともに同じであったり、度なしであれば問題ありませんが、左右のレンズで度数が違う場合は注意が必要です。

コンタクトレンズを装着の際には、必ず左右どちらの眼球から装着するというルールをご自身で決めることで、入れ間違いを防ぐことができます。

コンタクトレンズの外し方は?

コンタクトの外しかたは、何度か練習することでスムーズに行うことが出来るようになります。

目に負担をかけないために、素早く丁寧に出来るように頑張りましょう。

鏡を見ながら、しっかりと目をあけてコンタクトレンズが瞳に乗っている事を確認します。

度数が低かったり、度なしの場合は途中で外れてしまっている事もあるので、直接眼球に触れないために装着された状態であることをまず確認してください。

1step

鏡を真正面にし、顎を引いた状態で目線は上を向きます。

下向きのままではレンズはうまく外せませんので注意してください。

2step

指で上目蓋のまつげの生え際部分と下目蓋をおおきく広げて黒目がギョロっと見えるようにします。

3step

人差し指と親指で物を摘まむときのようにV字を作り、レンズに指をあてます。

そのまま指の腹を使って、レンズの4時と8時の部分辺りをつまみます。

4step

レンズを押さえながら下にずらし、白目の上まで持っていきます。

黒目と白目の間には、少しだけ段差があるので、そこまでレンズを持っていき、押し上げるように外します。

コンタクトレンズを外す時に注意する事は?

指はしっかりと乾燥させて

レンズは、指に水滴がついていたり水気があると、滑ってしまって上手く掴むことができず外しにくくなります。

作業には清潔な手で行うことが必要ですが、洗った手はしっかりと水分を拭き取ることが大切です。

瞳には潤いがある状態でレンズは外すこと

練習しても目が乾燥していたたり、様々な原因で一度で外すことが出来ない場合があります。

無理にはずそうとすると、角膜を傷つけてしまう可能性があるので、一旦ゆびを外して人工涙液点眼で瞳を潤すことをおすすめします。

また、手元にそのような点眼がない場合は、ゆっくり目を閉じて瞳を涙で潤す他、強くまばたきをする等でレンズが涙液で動く状態にした上で、安全に外してください。

使い方を誤ってしまうと、重度の視覚障害になることもあります。

コンタクトレンズとの上手なつきあい方は、正しい使用方法をすることで、快適な視野を確保できるので添付の使用方法を必ず良く読み、納得した上で使用してください。