私は一重でおまけに三白眼で目が細く、おまけに子供の頃から視力が悪かったので、見えにくい時によく目をしかめていたせいか睨んでいると思われ、周りから恐いという印象をもたれていました。

眼鏡からコンタクトにし、その印象は変わってはいったものの、目の大きさはかわることなくだったので、頑張ってメイクをしても黒目は小さいままなので、小さな目がずっとコンプレックスでした。

20代でコスプレにはまり、キャラクターになりきる為、目の色も変えれたら…とそこでカラコンの存在をはじめて知りました。

ネットで色々調べてみると、度なし、度入りの両方あることを知り、目の悪い私でも大丈夫だと思い、通販でレビューの多いお店を選び購入しました。

初めてのカラコンはドキドキでしたが、早速つけてみると、まず目の大きさが変わったことに驚き、今までの自分じゃないみたいだと驚き、更にコスプレ会場でも友達に「誰?」って言われるぐらい顔の印象が変わりました。

それからというもの、普段使いにカラコンを使用してみるのもいいかもしれないと思うようになり、黒のカラコンを購入しました。

目のカーブは、普段から普通のコンタクトレンズを使用しているので、自分のカーブの値を知っているので、それと同じ、または+-0.2ぐらいのものを使用し、デカ目効果のあるレンズを選びました。

カラコン+メイクをしてみると、まるで別人のように変わり、自分の親にも驚かれたぐらい目が大きくなってることに嬉しくなり、もう手放せなくなりました。

今は40歳で専業主婦をしていますが、買い物に行く際にもカラコンで出かけ、人と会う時はいつでもカラコンつけています。

旦那も私がカラコンをつけていることは知っているので、スッピンの時との違いに苦笑いされますが、旦那は顔で選んだのではないと言ってくれるので、まぁいいかなぁと思ってます。

でも一緒に出掛ける時はバッチリメイクにカラコンですけどもね。

それから遊びに行く時は、黒以外にブラウンのカラコンをつけたりもしています。黒一色よりも同じメーカーのカラコンでもブラウンの方がよりデカ目に見えるのでそれも楽しいなと思えるからです。

カラコンと出会う前までは、自信なくうつむき加減で歩くことが多かったのですが、今では堂々と前を向いて歩いています。

どこか自分に自信がもてた、整形しなくてもカラコンとメイクだけでこんなに変われるという事実を自分自身で感じている次第です。

ただ、約1年使用のカラコンということで購入し使用していたのですが、8ヶ月を過ぎた頃からなんだかぼやけてみえるようになったり、目に違和感を感じるようになったことがありました。

もしかして目に異常が起きたのではないかと心配になり、眼科に行くも何も異常はありませんでした。

1年使用といえども1年間確実に使用できるということではなく、使用頻度で使用期限が短くなるということもあるということでした。

あと、普通のコンタクトレンズより目が乾きやすいと感じてはいたのですが、うっかりカラコンをつけたまま寝てしまったことがありました。

翌日目が覚めた瞬間から、涙がボロボロ、目は痛くて真っ赤な状態で、1人でパニックになったことがありました。

急いでカラコンをはずし、とにかく目薬を差しなんとか落ち着きましたが、その日1日はメガネで過ごし、様子見をしたところ夜には目は元通りになっていたので、ほっとした記憶があります。

これは気を付けないといけないなと思う点です。

カラコンはファッションと同じという感覚でもあり、私にとって日常的なアイテムともいえます。

目のコンプレックスで悩んでいる人は、一度カラコンをつけてみるものいいかもしれません。