現在、私は31歳の主婦をしておりますが、求職活動もしております。

カラコンの装着を始めたのは26歳くらいからなので、5年ほどになります。

最初は、同級生がサークルレンズを装着しているのを知って、興味を持った事がきっかけで、そこから自分でアイシティなどの店頭を回り、実物を見る様なりました。

普段使用していたコンタクトをワンデイタイプに変えたかったと言うのもあり、眼科の定期検診も兼ねて試着をさせてもらいました。

着けた時の印象が、表情がハッキリしたと言うこともあり、新たな自分が発見できた事がうれしくなり、そこからカラコンを使う事に決めました。

使用するにあたり、カラーの部分が、自分の眼に合っていないと目が霞んだり、顔のパーツの中で目だけ浮いた印象になるので、自分に似合うものを見つけるのに多少苦労しましたが、今は2種類を使い分けています。

しかし、季節性の眼のアレルギーがある為、カラコンは通常のコンタクトレンズより負担が大きいのもあって、眼が疲れやすくなったり、充血が酷くなる事があります。

その時は眼下に通い、目薬を処方してもらう事があります。

自分の目に合うものが見つかり、眼のトラブルが無くなれば、写真を撮るときなど、化粧が薄くてもボヤけた印象になりにくいですし、只今、求職活動中と言うこともあり、ハッキリした印象を持ってもらう事に効果が出ていると思います。

前職場の上司(女性)からは、目がすごくキレイと褒めて頂けたりしたので、対人関係においても良い印象を持ってもらえていると思います。自信にもなりました。

今は、カラコンはとても色んな色や種類が発売されていて、色々悩むと思いますが、試着が出来るので、たくさんの種類を試着させてもらって、自分に合うものを見つける事が大切だと思います。

カラコンを装着した時のイメージができるアプリまでできているようなので、活用するのも手だと思います。

社会人であれば、ナチュラルなブラウンが自然で好まれると思うので、もし、友人にどれが良いか聞かれたら、ブラウン系か、黒のサークルレンズをお勧めすると思います。

実際、自分が装着しているものは、アイコフレのリッチメイクと、ワンデーアキュビューディファインモイストですが、どちらも強調されすぎず、自然に目に馴染んでくれる大きさと色合いなので、友人にオススメしても、好印象を持ってもらえています。

元々、自分は、人見知りも激しかった為、人の目を見て向かい合う事が苦手でしたが、カラコンをつけたことで自信がつき、話をするときも自信を持って話ができる様になったり、活力の源の一部になってくれています。

面接に何度が行きましたが、自信がつくせいか、ハッキリと伝えたいことが伝えられたりできる様になりました。

自身のコンプレックスのカバーや、苦手を乗り切る事の手伝いを、してくれるものだと思うので、カラコンをしようか迷っている人には、ぜひ使ってみてほしいです。
ただ、気をつけてほしいのが、格安の作りが良い加減なネット販売などの粗悪なものは、眼球への色素沈着や、失明などのトラブルも多く出ていると聞いています。

必ず、眼下で見てもらい、定期的な検診は受けるようにして欲しいです。

健康があって、満足なオシャレができると思いますので、健康を害するような使い方は、どんな理由があろうとしないほうが良いです。

カラコンは、普通のコンタクトレンズより、少し割高感が否めないので、無理して買わなければならないようなら、初めからしない事をオススメしたいです。

良いことの裏には必ずと悪いこともあると心において、コンタクトレンズは、医療器具の一部という事を忘れないで欲しいですね。