もともと極度の近眼のわたしが、カラコンデビューしたのは、専門学校に行き始めた時でした。

高校時代も一応カラコンはありましたが、今のように、通販サイトや店舗で簡単には手に入らず、眼科で診断を受けた後、つけてみて購入、といった形だったのです。

一番最初に選んだ色は、グレーでした。

わたしは少し茶色っぽい瞳なので、茶色を選んでもそんなに変化はなく、だからといって、金髪でもないのに鮮やかな青や紫、グリーンに挑むのは勇気がありませんでした。

やはり最初のつけた感じは、普通のコンタクトに比べると、目がゴロゴロするなあとか、乾いた感じが続きました。

ですが瞳の色が変わるという事は、簡単に自分の印象が変わるという事で、物凄く嬉しかったです。

しかも、カラコンは長時間つけているとゴロゴロ感が凄いので、つけたまま寝てしまう、と言ったミスをおかさなくなりました。

時には目を傷つけてしまう事もありました。

でもわたしは、カラコンをやめることはできません。

まず、一番最初に記載したように、わたしは極度の近眼である為、何らかの手段で眼鏡調整をする必要があります。

自宅にいる時はメガネですが、やはり、近眼がきついと、レンズも分厚くなり、あまりその姿を他人には見られたくありません。

ましてや、カラコンをつけて黒目がちになった後だと、尚更メガネになると黒目がめちゃくちゃ小さく感じてしまうのです。

かくしてわたしは、カラコンの虜?になっていきました。

今まで色んな色を試してきましたが、最近衝撃を受けたのは、ピンクです!

目がピンクになるんですよ?気持ち悪いと想像なさる方もいると思うでしょう。

ですが、これが案外黒目の色と合わさって、なんとも言い難い綺麗な発色になるのです。

実際、ピンクを付けた時の周りの評判はとても良かったです。

現在わたしは、手元に、ピンク、グレー、紫を持っていて、一年使える物ですが、傷ついたりするので最長でも3ヵ月くらいで新しい物に取り替えます。

毎月新しい物を買うので、古い順から処分していきます。

その日の気分に合わせて、色を選べるのは、メイクを変えるよりも簡単であり、気分も変わります。

そんなカラコン中毒のわたしですが、唯一許せないのが、黒いカラコンなのです。

実際使用したこともありますし、使っている友人を見たこともありますが、これはあくまでも個人的な意見ですが、ただ黒目が大きくなるだけではなく、不自然に真っ黒なのです……。

写メなどで撮影した時も、なんだか違和感があります。
絶対黒いコンタクト入れてるなってわかってしまうのです。

わたしはそれが嫌で、ナチュラルにしたいならば、カラコンではなく、フチだけ色のついていて黒目が大きく見えるタイプの普通のコンタクトでいいと思うのです。

話は変わりますが、これからカラコンを試したいなと思う方は、まず最初は茶色がオススメです。
いきなり派手なカラコンだと、メイクや服装も変えないとちょっと不自然になります。

今や色々なメーカーさんが出しているので、薄いのとか、厚みがあるとか、カーブが合わないとか、大きすぎて黒目がカラコンの中に浮かんでしまう悲劇もあります。

大きさ、薄さ、カーブ、発色は、人によって全然違うので、わたしは一番大きいタイプは、逆に装着しずらいので使いません。

派手なメイクに、クッキリした二重の方なんかは、大きいタイプが似合うと思いますが、つけまつげを卒業してからは、大きくないカラコンの方が、違和感なくつけられる事に気付きました。
色々な物を試して、自分にぴったりの物があるといいなって思います。

最近は医学の進歩により、コンタクトすら必要ない時代になりつつありますが、わたしはまだまだあと何年かは、カラコンを使い続けると思います。

今のお気に入りは、紫です。

暗い場所では黒に近いですが、外に出るとほんのり紫。

これからは夏になるので、多分髪の毛も明るくなるので、次は茶色の金に近い色を選ぼうかなと思います。

最後に、カラコンは、1度つけたらやめられない。
すっぴんでもカラコンとマスクで大丈夫(笑)
もはや、わたしの一部です。